« 『魔法少女リリカルなのは』 第三話「街は危険がいっぱいなの?」 | メイン | 『舞-HiME』 5. 雨──。涙…… »

2004年10月30日

『学園アリス』 [一覧]

1. 学校がなくなっちゃう★ [単体リンク]

キャラが被らない限りは可愛い子はツルんでるほうがいろいろ得だと思うのよね。 by 今井蛍@釘宮理恵

原作は未読。うん、こいつは違いのわかるアニメや。ってコトで、期待どおりです。

冒頭のオープニングも予告で聞いた音楽から想像していたとおりの素朴で楽しそうで可愛いらしくて、好感触。冒頭のイントロ前で蜜柑が腰に手をあてて準備している所にも効果音か序奏伴奏が入ってくれたらもっと楽しくなりそう。うん、このオープニングにはいろいろな効果音が入っても良さそうだよね。

蜜柑と蛍が実にいいコンビで。出会いの切っ掛けとなったあの美少女カラオケコンテストにて 2 人の振り付けが左右対象になったトコロ、腰を振った側に勢いよく腕を振る蜜柑と、重心を定めて腰とは逆に腕を振る蛍という描き分けが実によくふたりの性格をあらわしているよう。

それでも仲良しなふたり、1 週間よりも前から転校を決心していた蛍が、ちょうどお別れの時に間に合うようにスッポン亀便を出していたというのが、ええ、蜜柑に負けないほど蜜柑を大好きなんだなって。でも、2 日に 1 通ずつ手紙を書くのはやりすぎだよね。まあ、蛍も内心大喜びしていそうですが。そのあたりも見事にキャラが被らないあたり、真実を突いていたあの出会いの言葉はさすが蛍ちゃん。慧眼です。

対して蜜柑は分かっているんだか分かっていないんだか、でも、超想像が実に蛍の性格を掴んだ想像になっているあたり、元気で真っ直ぐで素直な蜜柑らしさが満載で。「おまえの愛は、分かりにくいんじゃ!」きちんと蜜柑も分かっているんですものね。

さりげなく挿入されるギャグや物語のテンポの緩急などもきちんと全体物語の導入部となるようポイントを押さえてなお一気に物語に魅き込んでくれるいかにも少女漫画の序盤らしい展開もまた本作の魅力。このあたりは原作力によるものじゃないかな、なんとなくコミックを見ているようなテンポを感じます。これはテレビ放送が終わったら原作コミックにも手を出さなくてはなりません。

とっても楽しい学園コメディになってくれそうで。うん、楽しみが増えました。大満足♪

TrackBack

このエントリーのトラックバックURL:
http://suginoki.sakura.ne.jp/mm/mt-tb.cgi/100

Comments

アニメを見して下さい。

投稿者 秋丸千春 : 2006年03月22日 15:09

コメントしてください




保存しますか?



(C) 2001-2004 杉の木/すぎた
配下のすべてのページにおいてリンクに許可は不要です。
ご意見・ご感想などは 掲示板メール(tsugita@pb3.so-net.ne.jp) へお願いします。